ノイローゼ対策ガイド TOP → ノイローゼと関連する病気 パニック障害

パニック障害

パニック障害とは精神疾患の一つとされており、急に目眩や心悸亢進、呼吸困難といった様々な自律神経不良の症状を引き起こすと同時に、言い表せないような不安感が発作的に湧き上がる精神疾患のことを呼称します。身体的にはどこにも異常がないため、発見するのに時間のかかることが多くあります。

パニック障害は大きな不安感を基として起こる精神疾患で、以前は全般性不安障害と同義であるとされ、不安神経症とまとめて呼ばれていました。しかしながら近年においてパニック障害は独自の診断分類を持つことが認められ、1992年に独立した病名として、WHO(世界保健機関)によって国際疫病分類に登録されるに至りました。それによって心が患うわけでなく、脳機能障害であると認識されるようになったのです。

パニック障害に陥ると、あまりにも唐突に現れる症状から患者は不安感を煽られ、文字通りパニック状態に陥ってしまいます。大きな不安感を基としているだけに、「もしかしたらこのまま死んでしまうのではないか」とまで考えてしまうほどになります。その恐ろしさから逃げようとパニック状態のまま行動しようとし、しかし上手く動けないためなおさら不安を煽られ、悪いときは失神・気絶してしまうこともあります。

パニック障害の症状自体は、安静にしていれば数時間のうちに落ち着くでしょう。しかし安静にしていられないのがパニック障害の状態ですし、自他共に何が起こっているのか判らず救急車を呼んでしまうこともあるでしょう。実際に別の疾患によって症状が現れている可能性もありますし、そのまま診断を受けてしまった方が良いかもしれません。

ノイローゼと関連する病気


不用品処分で良い業者?岐阜
不用品処分を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス 副作用
プラビックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!