ノイローゼ対策ガイド TOP → ノイローゼの治療法 入院治療

入院治療

ノイローゼでの入院治療は、基本的に推薦されていません。基本的には神経質の問題なので、その問題を自分と向き合いながら解決しなければならないからです。自分の精神と神経に見つめ合うことが最も大切です。もちろん症状が酷い時には、薬を処方してもらい、数日間ほど検査入院をする、という手もあります。

とはいっても、検査入院によってそのまま本格的な入院を促されるほどなら、それは別の精神病を引き起こしていたというケースといえます。こういうケースは、神経症を放置したままで悪化させてしまい、いつの間にか重症化してしまうというわけです。神経症と精神病は別物ですが、精神を基として起こるという点では似た性質であるため、磨耗した神経と精神が疾患を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

検査入院したとしても、基本的にはすぐ退院できるでしょう。強迫観念などのような不安感は簡単に治まらないでしょうが、そもそも神経症の治療というのは気長にしていくものですので、根気良く病気と向かい合うことが最も大事なのです。

他の精神病を併発していた場合は入院の可能性も出てきますが、よほどの重症でない限りは、すぐに退院できるでしょう。そこから先の治療は「入院治療」ではなく、「通院治療」になることがほとんどです。「通院治療」に関しては、当サイトの「ノイローゼの治療法」の欄(このページと同じ種類です)にある「通院治療」にて説明しておりますので、合わせてご覧ください。

ノイローゼの治療法


ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/

ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!